Welcome to my blog

初めまして。
こちらはワーネバシリーズのプレイ日記を綴っています。
たくさんのネバラーさんと出会えれば幸いです♡

†Gracious

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

25
2010  12:31:00

花束を渡す旅Ⅰ(中編)

 花束を渡す旅第一回(中編) 
   -「女の子にもくばりたい!」の巻-


※第一回は3夜連続のスペシャルでお送りしております。 ジラを回りつくし次の目的地を決めあぐねていた私の目に、ピコンという音と共にある人の名前が飛び込んできました。

(そういえば最近会ってなかったけど相変わらず皆にいじられているのかしら…)

私も久々にいじりたい。
そんな衝動にかられ次のお届け先はに決まりました。

シル「こんばんわーw」
ムゲン「こんばんは!」
シル「簡単に言うと、今月光の花を配る旅をやっているので受け取ってください!そしてブログのネタにさせて下さい!」
ムゲン「う、うん・・・カッコよく出してね」
シル「端っこのほうに小さくでいいよね・・・」
ムゲン「け、けっこうですとも・・」

花束贈呈 受け取り拒否

ムゲン「う、うそ」

こやつ。



――― そんなムゲン君との出会いも新規だった彼を拉致保護したのがきっかけでした。

ラスゴウの工房を使っていた私の画面左下でお店に向かって不振な動きをしている緑プレートの彼(当時は女の子だったので以後彼女)に興味をそそられつつも一度は通りすぎたのですが、どうしてもうずうずしてしまい気がついた時には声をかけていたのでした。

家に招待して自分のもっている服や髪染をありったけ床に並べて見せました。
髪を気になる色に一通り染めてみた結果、意外にもブルーが気に入ったようだったので服の色もそれに合わせて白やブルー系、ミントで選びました。

私はその時、ブルーの髪色ってあんまり見かけないけど結構可愛いなって思ったのウソではありません!
人がしない色だからこそ個性があって有りかもと…!

しかしこの事が後に災いとなって返ってくる事になろうとは、この時の二人は知る由も無かったのでした。
青の呪い呪いの連鎖 参照)


――― …・・・・ ・ ・ ・

あの時の恩も忘れて私にそんな態度とっちゃっていいのかしら。
なんて心で思いながらもムゲンくんの照れ隠しを笑顔で受け止める広い心の私。
改めて花束を贈呈しました。

改めて花束贈呈

そしてふと頭に名案が。
ムゲン君に手伝ってもらって記録できる花束を10個確保しました。
これで女の子にも記録できる花束を渡せるように!


満足した私は「記事の真ん中はボクいただきやな・・」というムゲン君の言葉を背にまた新たな犠牲者を求めて歩き出したのでした。

シル「・・・」
シル「・・・・」
シル「・・・・・ふぅ」

ムゲン「流したな∑(- Д - 」


------------------------------------★


再びジラの港へと戻ってきていたシルヴィア。
そこには楽団で有名な雪野さんと話すアカリちゃんが。

折角なので記録できるようになった花束を渡そうと思い挨拶してみました。


シル「こんばんわー!」
アカリちゃん「さっきぶりです^^」
雪野さん「こんばんわー」
シル「花束を記録できるようにしてきたのwあげるー!」
※アカリちゃん花束3つ目

アカリちゃん「できた!できました!!」
シル「やった!雪野さん!今ですね花束買いすぎて配ってるので、良かったらもらってください!」
雪野さん「w それじゃあせっかくなので いただきますー」
シル「わーい」

アカリちゃん&雪野さん

この辺りで(この企画ってもしやありがた迷惑なのでは。)と気付きはじめましたが、考えなかった事にします。


シルヴィアの旅-Ⅰは後編に続くのでした。(残り41個)
花束を渡す旅第一回(後編)-見に行きます。の巻-
関連記事

 花束を渡す旅

- 2 Comments

シルヴィア  

ムゲンくん

へへへ…ど真ん中だね!
たまにはムゲン君を思いやってみました。

>いやぁ、恩を忘れてなんておりませんとも・・・!
あの頃はお世話になっちゃって・・・へへ。


心が篭ってないよ、心が。

花束の件ではお世話になりました…!
配るときはムゲン君に~と言ってる時もあれば忘れてる時もあるかも…!
まぁいいか。

2010/03/01 (Mon) 18:59 | EDIT | REPLY |   

ムゲン  

ボクの記事がホントに真ん中とは・・・!
シルさん、信じてた。

いやぁ、恩を忘れてなんておりませんとも・・・!
あの頃はお世話になっちゃって・・・へへ。

ボクが協力して作ったシルさん名義の花束は、
ムゲンからの愛もこもってることを強調しながら
女の子たちに配ってね。

2010/02/28 (Sun) 23:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。